2022年04月26日

◆第16週(4月18(月)~4月24(日)

 

今週のスタートは新緑の嵯峨嵐山。平日でも朝からそれなりの人出だ。2日間は京都で2社の定期訪問と1社の「会社物語」の打ち合わせ。
 「会社物語」は、大阪のベンチャー企業からの依頼である。代表者の変更に伴い、歴史を振り返り、未来を社会に見せることで新しい自画像を創出しようとされている。新社長の考え方が時代に合っているだけに愉しみな企業でもある。
 個人の自己紹介は、「現在、過去、未来」の流れが重要だ。渡辺真知子である。「現在の自分を語り、なぜ現在に至ったかを語り、これからの自分を語る」という流れが最も理解されやすい。これは会社も同じだ。現状とその歴史、未来の自社という流れである。この3つを端的に語れるのが経営者と言えるだろう。
 2社は飲食業と製造卸業だが、飲食業はようやく客足が少し戻って来たが、輸入取引の製造卸業は円安対応に苦慮されている。為替は、企業がどうともできるものではないため、従来から提案しているのは、輸入するなら輸出もビジネスモデルに取り込むこと、金融資産を円だけでなく外貨とのバランスも採ること、の2点だ。今期の為替予約は125円で設定し、売値を検討することとされている。
 円安傾向はしばらく止まらない。理由は幾つもあるが、最も大きいのは財政である。特にGDPに対する借金総額の割合は2021年末で256%、最悪だった戦後の218%をはるかに上回り、あのギリシャより高い。100%を超えているアメリカやイギリスも良くはないが、それでも108%~130%である。これによって金利を上げる術が無くなったため、アメリカの金融政策に対抗できないというわけだ。その上に、人口減少と社会の高齢化というダブルパンチ。いずれも需要の減少につながっていく。
 生産性の向上がテーマになっているが、これは需要拡大期の話だ。効率の良いシステムを構築しても需要がなければ何の意味もない。現在は、21世紀型の環境・教育・生活・育児・介護・福祉・健康・食品・農業・園芸・防災といった分野で需要を創造する事業を政府が後押ししていくことで未来を見せるしかないのだ。未来から現在を考えないと、おそらく停滞感から抜け出せないのが日本の現状と言える。過去と現在の因果関係で物事を考えず、未来がどうあるべきかから今、何をすべきかを考える必要があるのだ。バックキャスティング思考でムーンショットを打つべき時代と言えばわかりやすいかもしれない。
 今週は初めての方々と出会う機会が多かった。特に、22日(金)に紹介を受けた経営者は、謙虚な中に自信に満ち自分自身を明確にされているだけに、話が弾む。今後はより深くかかわっていくことになるのではないだろうか。

 

風光る 右脳一瞬 目覚めさせ


(16:38)